パソコン・スマホ

【WP】カッコいいWordPress有料テーマ人気のベスト3はどれだ

WordPress(ワードプレス)でサイト作成していると美しくオシャレでカッコいいサイトを作りたくなります。
有料テーマなら最初からカッコいいサイト作成が可能です。
そこで,今人気の有料テーマのベスト3を厳選してみました。
無料のテーマでも十分オシャレなサイトを作れるとは思いますが,時間をかけるなら多少の出費でも最初から有料のテーマを使ったほうが良いということです。
もちろん,機能も多機能でプラグインも少なくて済みます。重くならず,SEO対策もきっちりしているテーマが多いので安心できます。

その中でも人気の高いテーマを3選してみました。

1位 TCD CORE

core_z

オウンドメディアサイト,アフィリエイター,ブロガーなどインターネットメディア系のサイトで最も販売されている。

洗練されたデザインとコンテンツの配列はサイト訪問者を圧倒する。
COREのネーミングのようにあなたのビジネスの「核」になること間違いなしです。

トップのスライダーや下部のミニスライダー,おしゃれなウィジェットとロールオーバーしたときの画像のアクションが印象的です

TCDはその他にもおしゃれなサイトが多いので,あなたに合ったテーマを探すのも良いでしょう。

2016年に人気があるテーマはAMOREとLAWということです。

WordPressテーマ「AMORE (TCD028)」
AMOREはパララックスデザインを採用し,インパクトのあるサイト作りが可能です。

AMOREの詳細を見る⇨

WordPressテーマ「LAW (TCD031)」
LAWは主に士業向けでいかにもキッチリとした正統派のホームページが手早く作れます。

LAWの詳細を見る⇨

 

2位 DigiPress COLORS

colors_z
いろんなカラーバリエーションに応えることのできるテーマ。
ヘッダーエリアはインパクトのあるスライダーを配置したり,大きな画像でインパクトを与えたり「あなた」を表現するのに適している。

パーソナルなブログ・サイトから,ショップやカフェなどの個人商用サイトなどにも利用できるテーマです。

スマホにはモバイル専用テーマを採用し,レスポンシブタイプより速く表示されます。
専用テーマということでGoogleのモバイル・フレンドリーにも適合します。

DigiPressはその他にもオシャレで美しいテーマが数多くある。
全てに通ずることとして,フラットデザインを採用しているが,動的なインパクトと淡く優しいイメージを感じさせる。

オススメするのはLemon CreamとMacchiato

 

lemooncream_z

Lemon Creamはガーリーな優しさと可愛らしさを兼ね備えたおしゃれなテーマ。

DP Lemon Cream の詳細を見る⇨

macchiato_z

Macchiatoはマキアートの名の通りカフェやレストランなどのテーマにぴったりのテーマ。

DP Macchiato の詳細を見る⇨

Macchiatoはパララックスを採用し,それに適したウィジェットを多数装備している。
ヘッダーコンテンツでYouTube動画またはVimeo動画をフルスクリーンで再生できるため,インタラクティブなサイトが作成できる。

 

3位 OPENCAGE STORK

stork_z
STORKはモバイルファーストを基本的コンセプトに置いている。
レスポンシブ・デザインで作られているが,PCよりモバイルを意識して設計されている。
サイト訪問者の6〜70%がモバイルからの流入という昨今を考えれば,こういったコンセプトに至って当然のことかもしれない。

バイラルメディア風なフルサイズのアイキャッチ画像に1カラム投稿が目を引く。
テーマ専用のショートコードも充実している。

レイアウトはトップページとそれ以外の記事一覧(カテゴリーページなど)で変更することができる。

レイアウトは「マガジン型」「カード型」「シンプル」「ビッグ」の4種類からセレクト可能です。

OPENCAGEは他にもHUMMING BIRDやALBATROSなどあり,どれもモバイルファーストなテーマだ。

 



「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトとして開発されたテーマです。

HUMMING BIRDの詳細を見る⇨



デザインはとことんシンプルに。ソースもミニマルに仕上げています。

ALBATROSの詳細を見る⇨

全てのテーマにおいて,一番オススメできる機能がCTA(Call to Action)のショートコードがあるということです。

CTAはアフィリエイターにとって重要な機能です。

訪問者を確実に,しかもさり気なく販売サイトへ誘導することができるアイテムです。

これが標準搭載しているのは嬉しい。

 

CTAのプラグインはなかなか適したものが無いのが実情です。

いくつか試しましたが,思うようには動いてくれません。

まとめ

他にも有料テーマは数多くありますが,目線が訪問者ではなくサイト運営者側にありどちらかといえばアフィリエイター向けに作られているテーマが多いようです。

もちろん,その要素も必要ですが,美しくカッコいいテーマで訪問者目線で作成されているサイトは必然的に訪問者が増えてきます。

 

訪問者目線ということはSEOにも優れているということです。

美しくカッコよく,オシャレでインパクトのある有料テーマの導入はためらうこともありますが,それなりの価値があるのも事実です。

 

WordPressテーマ「CORE (TCD027)」
colors_2z


関連記事

  1. VR動画を楽しむためのゴーグル値段はピンきりだがそれなりに楽しめ…
  2. WPテーマ賢威がセットになったお名前.comレンサバってズルくな…
PAGE TOP