テクノロジー

VR動画を楽しむためのゴーグル値段はピンきりだがそれなりに楽しめる

2016年はVR元年といわれている。臨場感あふれたVR体験は想像以上のものがあるという。
10月13日発売のPlayStation®(PS)VRの予約も瞬時に売切れというから驚きだ。
予約再開の情報もないというのが現状だ。

 

PS本体より価格が高い53,970円だが人気は高いようだ。
ソフトやゲームも200社以上の会社が参入を表明していることから,期待ができる製品と云うことになる。

psvr

画像引用元

コンシューマー向けに販売されるVRヘッドマウントディスプレイの火付け役はPS VRであることは間違いなさそうだ

VRゴーグル

パソコンやPSなどのデバイスとして利用するものをヘッドマウントディスプレイと捉えれば,スマホで手軽に楽しめるVR機器はいわばゴーグル(メガネ)と言える。

このVRゴーグルもまたブームになっているという。

スマホをビルトインし,専用アプリで表示する。
ハイエンドなVR体験ができるわけではないのだが,安価に楽しめるという意味ではスグレモノだと思う。

Gear VR

gearvr1

画像引用元

VRゴーグル・ブームの火付け役を行ったのはGalaxy Gear VR ヘッドマウントディスプレイだ。
対応機種はGalaxyS6(S7) edgeのみだが,キャンペーンで購入者に配布している。

 

Samsung Galaxy Gear VR R322  [並行輸入品]⇨ 

有機ELディスプレイの低残光性と、ジャイロセンサー・加速度センサー・近接センサーで頭部の動きを正確にトラッキングし、低モーションレイテンシの特長を活かし、快適に、高精彩で臨場感あふれるコンテンツを楽しめる。

GalaxyS6(S7) edgeをマウントし,Oculusの360°コンテンツプラットフォーム「Oculus Store」を通じて360°コンテンツをダウンロードし、楽しむことができる。

マイクロUSB端子が付いているのでUSB給電もできる。Bluetoothでつなげることも可能になっている。

本体に加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサーを搭載し、GalaxyS6(S7) edgeのセンサーと組合わされ精度の高いVR体験ができる。

視野角は96度とワイドで解像度は2,560×1,440と2Kクラスの高解像度を有する。
YouTubeの360度動画モードも再生できる。

 

低価格のVRゴーグル

低価格のVRゴーグルは1,000円〜5,000円程度で販売されている。

数多くのメーカーが販売しているが,原理はどれも同じようなもので,むしろ対応アプリでカバーするといったところか。

 

YouTube VR360°動画は左上の上下左右ボタンで見えるポジションが変化する。

VR体験と云うことならこの価格帯で問題ないといったところだ。

GoogleやFaceBook,Appleなども参入しているので,これから新たなコンテンツが登場することだろう。

低価格のVR ゴーグルをいくつかご紹介します

VR SHINECON iPhone Android ⇨

 

  • 焦点距離と視界距離の調整が可能。
  • VR用の動画・アプリをダウンロードすれば3D映像を体験できます。
  • ほとんどのスマートフォンに対応(3.5インチ-6インチ)

bluetoothコントローラーがあったほうが良いと云うことです。

VR BOX 3Dメガネ ⇨

 

  • 画像を拡大し、より広い視野を提供する際に最小限に歪みを下げ、スーパー3D映像効果と素晴らしい感覚を提供しています。
  • 直径42mmの非球状レンズは環境、高品質の樹脂を採用して、長い時間に使用でも視覚疲労やめまいを感じることは少ない
  • 視角:92~98°
VRゴーグル スマホ SHINECON ヘッドセット⇨
*左右が分かれている動画(YouTubeなどで「360 VR動画」検索であります)が必要

  • ピント調節可能なのでメガネやコンタクトレンズなしでも楽しめる
  • 様々なVR用アプリに対応
  • 頭の動きに合わせて映像が360度動く
  • 3.5~6インチのスマートフォンに対応

関連記事

  1. WPテーマ賢威がセットになったお名前.comレンサバってズルくな…
  2. 【WP】カッコいいWordPress有料テーマ人気のベスト3はど…
PAGE TOP