ガジェット

fireTVとChromecastを比較してfireTVを選ぶ2つの理由

インターネット動画配信サービスに接続して映像をテレビに送信するような機器としてfireTV stick,Chromecast,AppleTVがある。

それぞれ人気はあるのですが,Apple TVは15,000円以上するので今回は比較外とした。
では,fireTV stickとChromecastのどちらを選ぶのかということを比較して検討してみる。

fireTV stick


Amazonがかなり力を入れて販売しているのはfireTV stickだ。
これはAmazonプライム会員の増加を目指す目玉としていると考えられる
fireTV stickでは

  • Netflix、Hulu、dTV,Gyao,U-NEXTなどの映画やビデオを観る(有料契約は必要)
  • YouTube、ニコニコ動画などの無料の動画を観る
  • Amazonでレンタル・購入したビデオを観る
  • プライム会員の場合,プライム・ビデオが無料で見放題
  • スマホやタブレットの画面をMiracastやiOSのアプリでミラーリング
  • リモコン操作でゲームを楽しむ(コントローラを使用しなければできない場合もある)

Amazonプライム会員になることでネットショッピングだけでなく,Amazonプライムビデオを利用することで映画やビデオ,音楽を楽しめることが一番のポイントだ。

もちろんAmazonプライム会員になることでパソコン上でAmazonプライムビデオの鑑賞はできるのですが,やはりテレビ画面で観たいものです。

音質もDolby Audioで、HDMI (7.1chまで)で、映画館のようなサラウンドで迫力のサウンドを楽しめる。

画質は最大1080p,最大60fpsのフルHD対応なので,問題はない。

 

設置はテレビのHDMI端子に挿入し,AC電源を接続するだけだ。
あとはテレビのリモコンで,挿入したHDMIチャンネルを選択し,Wi-Fi接続とAmazonアカウントを入れるだけです。

操作はリモコンで簡単操作できる。
直感的に操作ができるので色々触って試すと良い。
また,スマホアプリをインストールすることでスマホからの操作も可能だ。
スマホアプリは音声検索にも対応している。

Chromecast

Chromecastは,どちらかといえばスマホをミラーリングしYouTube動画などを大画面テレビで表示する,メディア ストリーミング デバイスということだ。

もちろんインターネット動画配信サービスを利用できるデバイスではある。
テレビ番組、映画、音楽、スポーツ、ゲームなどのコンテンツをモバイル端末からテレビに映し出すことができる。

対応デバイスは iPhone、iPad、Android スマートフォン、Android タブレット、Mac,Windows搭載のノートパソコン、Chromebook に対応している。

Chromecastでは

  • Netflix、Hulu、dTV,Gyao,U-NEXTなどの映画やビデオを観る(有料契約は必要)
  • GooglePlyでのゲームが楽しめる
  • リモコンは無いがアプリでスマホから操作ができる。
  • スマホやパソコンで開いたChromeブラウザをテレビ画面で楽しめる

これはスマホやタブレット,パソコンを意識したドングルと言える。

解像度は1080pのフルHD対応している。
音質もコンテンツが出力するサウンドに対応している。

操作はリモコンはなくアプリを利用してデバイスからの操作となる。
デバイスによるリモコン操作が苦手な方もいるかもしれない。

接続はテレビのHDMI端子に挿入し,AC電源を入れ,デバイスでGoogleHomeアプリをインストールする。
デバイスをWi-Fi接続するとセットアップが始まる。
セットアップは画面の流れに沿って行けば簡単に終わる。

操作も直感的に操作できるので特に困ることはない。

 

fireTV stickとChromecast どちらを選ぶか

価格はセールや量販店の価格やネットショップの価格で違うのだが,定価ということで考えると4,980円と同価格なので,これは比較する問題ではない。

fireTV stickとChromecastは基本的コンセプトに違いがあるようだ。

コンセプトのスタートが,fireTV stickはインターネット動画配信やAmazonプライムビデオなど,コンテンツを楽しむところからのスタートで,Chromecastはスマホやタブレットのミラーリングを利用して小さな画面を大画面で楽しめるようにすることがスタートだ。

スタートが違うので,どちらが良いとはいえないが,両製品ともアプリを介してのミラーリングや動画配信サービスに対応している点は同じようなデバイスだ。

動画配信サービスに関してはAmazonプライムビデオが利用できるということからfireTV stickが有利か。

スマホやタブレットを簡単にミラーリングするという点においてはChromecastに利がある。

しかし,ミラーリングを利用してスマホやタブレットの画像・動画を大画面で楽しむ需要が多いかといえば,いささか疑問ではある。

ここは,①純然とテレビで映画やドラマを楽しむということ,②リモコンの操作性の良さという2つの理由で,万人に使い勝手の良いfireTV stickに軍配を上げたい

関連記事

  1. スマホでもプレゼン モバイルプロジェクター オススメ5選+1
  2. Bluetoothイヤホン 2,000円台から10,000円以内…
  3. BB-8は売り切れ続出の大人気
PAGE TOP