ガジェット

Bluetoothイヤホン 2,000円台から10,000円以内の人気ベスト5

iPhone7発売以降Bluetoothイヤホンの人気が上がっているようです。

Bluetoothイヤホン(ヘッドセット)の売れ筋は2,000円〜10,000円の価格帯が人気のようです。
価格が高いものはそれなりに高性能ですが,低価格でも高性能なものがうれしいですね。
しかし,あまり比較対象が多すぎると迷いますので,人気があり評判が良いBluetoothイヤホンのベスト5を紹介いたします。

Bluetoothイヤホンといっても主にスマホでの通話を行う片耳タイプと音楽などを聴くための両耳タイプがありますが,ココでは音楽を聴くためのBluetoothイヤホンを紹介いたします。

1位 QCY QY19

低価格ながら高性能のBluetooth4.1対応のイヤホンです。
Bluetooth4.1の電波強度は通常の2倍で,高速安定した通信が可能になっています。
重さも12.7gと軽量で,スポーツなどの激しい動きにも脱落しない設計になっています。
音も8mmの磁石ユニットを採用し,低音から高音までクリアなサウンドが楽しめます。

 

2位 SONY カナル型イヤホンMDREX31BN

2013年発売から安定した人気を誇る名機
Bluetoothこそ3.0ですが,独自のデジタルノイズキャンセリング機能があり、周囲の騒音を約98%カットできます。
NFC機能搭載(Android)でワンタッチでペアリング,Bluetooth接続,パワーオンが可能です。
同一モデルを再度購入する人も多く,高性能を物語ります。

 

3位 Mag Ear 3E-BEA1

マグネットを外すことで電源が入るので,わざわざリモコンやスマホで操作する必要がないので,通勤・通学などの外出時には便利な機能です。
Bluetooth4.1対応で省電力,高速安定通信を確保しています。
また,従来のBluetoothは1対1接続でしたがマルチポイント対応のMag Earは複数の端末と同時接続できます。
最近のイヤホンでは当たり前になってきているapt-x/AAC対応の高音質・低遅延で高品質の音楽が楽しめます。

 

4位 Sound Intone H901

カナル型のスポーツタイプイヤホンで,耳孔に深く差し込まれるので,脱落などは少なく,密着感もあります。
コードは平型を採用し,汗によるベタつきを軽減しています。
コードのタッチノイズは気にならない程度です。
Bluetooth4.1対応でこちらも省電力,高速安定通信が可能です。
音質は低音が引き締まっており,かなり気持ちよく聴けます

 

5位 MONOPODS TRUE WIRELESS EARPHONE I7

充電機能付きケースに入ったコードが付いていない「 TRUE WIRELESS」イヤホンです。

これからのイヤホンはAppleのAirPodsのように,左右完全ワイヤレス製品が数多く発売されることが予測されますが,価格は高価格なものが多いようです。

ムダなコードが無いので,首周りにまとわりつくことはありません。
バッテリー充電機能も2000mAhの大容量で30分で高速充電します。

まとめ

iPhone7の発売開始からBluetoothイヤホンに注目が集まっています。
しかし,高性能のイヤホンの多くは高価格です。
イヤホンは高価格になればなるほど高性能であることは間違いありません。
しかし,10,000円以内でも十分な機能を有しています。

あなたに合ったイヤホンを見つけてみてください。

関連記事

  1. BB-8は売り切れ続出の大人気
  2. fireTVとChromecastを比較してfireTVを選ぶ2…
  3. スマホでもプレゼン モバイルプロジェクター オススメ5選+1
PAGE TOP